読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

ミャアミャア

 最近は様々なことがあった。

 まず今年のゼミが終わった。が特にいつもと変わり無い内容だったので詳細は省略する。新年一発目に謎の発表があるのでなんとかする必要がある。

 

 20日は伯父と伯母が京都に来るということで一緒に食事をした。その前に買い物のために三条まで行ったのだが、鴨川が大雨で増水して濁流と化していた。こういうのを見ると渡渉訓練で鴨川を使いたくなるんだけど、周りの人々に通報されそうなのでやらないほうが無難だろう。

 円山公園の某所で集合で、時間まで公園内をぶらぶらしていた。闇夜にたたずむ池は明鏡止水、というほど輝いてはおらず黒い樹脂みたい。水のある風景は良い。山の中の沢や池なんかは当然好きだが、街の中のも良い。やはり、上に建物が建てられないのでそこに空間的余裕ができる点が好きなんだと思う。京都もだいぶせせこましい街だが、南北を幅広い鴨川が貫いているために空が広くてだいぶ救われている面がある。

 食事はイタリアンで、日仏会館と違ってちゃんとしたコース料理だった。ウェイターも優しく丁寧だった。日仏会館と違って。先方からは女性関係は無いのかとか合コンみたいなのは無いのかとか聞かれたので、なんにも無いですねとヘヘヘとしていたら、「でもオタクでは無いんだよね?」などと聞かれてしまい、そうですねぇとあははとする他無いのであった。

 また、伯父はなかなか広い知識を持っておられる方で京都の美術館とか博物館の話を振られたが正直よくわからない。たまにはそういうところも行った方が良いかもしれぬ。あとワイングラスの形状とワイン産地の関係の話を伺った。

 帰宅後、床で気絶していたら某氏からお誘いがあり、軽く打って軽く飲んだ。楽しかったけど、色々あって自分の心の弱さを思い知る羽目になった。思うにこれは、今の自分は生活に余裕がありすぎて心に隙があるせいだろう。スペイン語や大量の専門科目に追われていたころは心が鋭く尖っていて、もしくは鈍重になっていて、余計な考えの入り込む余地が少なかった。ま、ま、ま、来年からは修士課程が開始して嫌でも余裕が無くなることだろう。良いのか悪いのかはわからないが。なんでもできたら良いがそれほど器用では無いようだ。

 

 その後は「水曜日のネコ」というビールを飲んでおいしかったりまどマギを見終わったり金麦を飲んだりして過ごし、24日にはサークルの人々で飲んだ。ほとんどのメンツが5回生以上だ。特にイブに寂しい奴で集まろうとかいう思惑では無かったけど、みんなが一緒に暇なのがこの日だけだったのだ。

 飲み会の前に軽くカラオケに行こうと思ってたが、色々あって中止になったので同回のMTと2人で我が家で飲み会の前祝い(なんだそれ)ということで酒を飲む。飲み会前なのになぜか2人でワイン2本と金麦1本を空けてしまい、珍しくやたらテンションが高くなってしまった。その後焼鳥屋に行って飲んだのだが、あんまりなにを話したか覚えてない。うるさかったら申し訳が無い。すまない。申し訳ない。

 飲み会後に部室に行ったら結構いっぱい人がいて、きつくて汚い山行を好むタイプのグループ(僕も)の人々が多いのがイメージ通りでおもしろい。彼らはみんな気持ちの良い奴らで、変な信条に囚われてぐちゃぐちゃにならずに楽しく生きてほしいなと思う。家に帰ってヤマノススメ最終回を見て酒を飲んで寝た。

 

 その後今日に至るまではあんまり特に事件はない。時計じかけのオレンジに触発されて久しぶりにクラシックを聞いてる。さほど詳しくは無いが、たしかにテンションが上がるクラシックもあると思う。ベートーベンの⑤とかは特に。

 

 思ったより長くなってしまったので今年のまとめはまた今度やろうと思う。気が向いたら今年中、向かなければ来年に。明日からはしばらく実家に帰るがどうなることやら。まあ寒い部屋でガクガク震えることにはなるのだろうが、他にやることが無いので本をいっぱい読める点は良い。

 心を強く持ちたい。山に行きたい。1月には長野でも徘徊したいなと思う。