ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

自画像

 下書きに謎の記事があったので供養しておこうと思う。前職の就職直後、風邪で寝込んでいた時に書いた記事のようだ。

_____________

 

 振り返ってみると最近は様々なことがあったのに驚いた。

 大きなことで言うと、鹿児島で学会発表があり(微妙なまま終わった)、東京に引っ越した。引っ越して以来いろいろあった。文京区?とかいうところに住んでいるが、関西に比べて品が良い気はする。引っ越してしばらくはなぜかお湯が使えなかったので、近所の銭湯に通ったが、イレズミのおっさんや関西弁のおっさんが一切おらず、京都との文化の違いを感じる。

 私もついにサラリーマンとなった。サラリーマン。かつて私はそれをいかに軽蔑し、畏怖していたであろうか。私の幼稚園以来の友人からも「お前にサラリーマンは無理だ」と言われ自分でも納得していた。高校時代、サラリーマンにだけはなりたくないので将来は学者かお坊さんになりたいと思っていた頃もあった。そんな私がサラリーマンになっているのだから世の中も相当限界が近いと言える。

 

 8日頃からずっと風邪気味だったがその後かなり悪化したので、木曜日と金曜日は家の布団でぼーっとしていた。なんとなく頭に浮かんでくるのは京都のささやかな山と川、汚い部室、そして暖かい下宿の風景である。そして当分はこの謎の町で過ごす運命を考えたときに思ったのは、自分がなぜ生きているのかということである。わけのわからん仕事を何十年もこなし、気付いたら老人になっている未来である。死にたくない以外に生きる意味があるのだろうかと考えていた。自殺願望があるわけでは無いが、休日のわずかな癒しのために何十年も働くのは割に合っているのだろうか。

 おそらく(きっかけはなんであれ)生死に関する葛藤は、程度の強弱や時期の遅い早いはあるにせよ若者がそれなりに味わうところであると思う。京都で有体に言って気ままに暮らしていた私に、世間とかいうものが押しかかってきたので、ようやく人並みに悩むようになったのであろう。学部生時代、まったく学校に行けず未来に絶望していた頃はあったが、その時は下宿でひたすらぐうたらしてすべて忘れるという逃避行動が取れたので心が救われていたのだった。

 そういうわけで、ついに私も人並みに神経衰弱になった。といって、なんとかしなければならない。一人ではるかな峠道を越えたりすればなにかあるだろうか。

石坂の"洋サン"

ナッツ

 屋久島からナッツが送られてきた。どのナッツかと言うと、一番よく目にするナッツで、すなわち岩の間に挟んでリードクライミングの際に支点とする例のナッツである。

 2016年度の秋、部の後輩と一緒に屋久島で最難の沢を遡行した。その核心部は激しいチムニー地形の登攀で、リードで登りながら、なんでこんなところに来てしまったんだ(行こうと言い出したのは自分である)、もう沢登りなんてやめようとか思っていたことをよく覚えている。そこでは例のナッツをガッチリ岩にはめ、あぶみ(はしご状のロープ)をかけ、その支点を命の頼りにして登攀した。ナッツがあまりにガッチリはまったので回収できなくなり、やむなく残置したのだった。

 そんな思い出があり、いつか回収できたらなと思っていたナッツが、ひょんなことから手元に帰ってきた。傷も愛おしい。もし屋久島の某川を遡行される人がいたら、貸すので言ってほしい。

f:id:dashimaster:20190329172300j:plain

 

吝嗇

 前職の同期の一人に全然金を使わないSという男がいた。どれくらい金を使わないかと言うと、200円代ののり弁を食べまくり、一か月昼飯に食べ続けたという伝説がある。その結果、Sによると味覚がおかしくなったらしく、普通の水を飲むだけでやたらにがくなったりするなどの症状に悩まされたとのことだった。その後はさすがに会社の近くの学食にも行くようになった。また、私的な飲み会にはほとんど参加しないが、やむなく参加する時には、「自分は水しか飲まないので、その分割り引いてくれ」と言うのが印象的であった。

 このSは有体に言ってあまり明るくなく、社交性を要する場が嫌いな男であった。金を使わない理由を聞いても謎で、正直なところ私は、ただ単に吝嗇な性格なのだと思っていた。

 Sと私はともに社会性が欠如していることもあり、比較的仲良くしていた。もう一人仲の良い同期のR(人格が破綻していた)がいた。私が転職を考え始めたころだが、3人で集まった際に、転職しようと思うという話をした。と、Sも実は仕事をやめる計画があり、それも転職ではなく、大学院の博士後期課程に行くとのことだった。Sはもともとこの会社に入った時からまたアカデミックの世界に戻るつもりで、この会社は学費や生活費を貯めるための出稼ぎ程度に考えていたのだった。ようやく私は、Sがなぜこんなに金を使わないかがわかった。単なる吝嗇どころではなく、Sは固く強い意志を保ち続けていたのだった。

 前職の最終出社日、SとRから金麦を6缶もらった。

津軽の作家たち

 なんと前回更新してから三か月もたっており、我ながらショックである。その時々に考えていたことを後までとっておきたいように思うので、もう少し頻繁に更新したいところではあるが、なかなか心に任せぬ状況である。この間様々なことがあった。

 でかいイベントだけ追っていくと、まず8月の夏休みは九州に行っていた。同期が宮崎で働いているので一緒に高原に行ったり温泉を巡ったり寺社を巡ったりした。極めて平和な貴重な時間だった。平和すぎて、自分は今とても贅沢な時間を過ごしているのでは、とか思って逆に切なくなったりした。全国転勤で田舎に行くのも結構楽しそうだなぁとか思った。もちろん色々大変だろうけど。

 9月末から米国に、会社の用事で一か月ほど行っていた。予想されていたことではあるが、やはり日本の生活のほうがはるかに快適である。田んぼがいつの間にか黄金になり、やがて土となる様子とか見られないし。米国滞在中にアルゼンチンにも行ったが、これはなかなか面白かった。日本の報道ではアルゼンチンはボロボロなように言われているが、実際に言ってみると極めて平和でステーキもおいしく、現地の人も「日本の報道は偏ってるね」などと言っていた。もっとも、現地の雰囲気とか現地の人が言うことがいつも正しいわけではないが。

 そして今週は中国某所に行ってきた。三日滞在しただけだが、パリやNYよりだいぶ過ごしやすい感じがするのは気のせいだろうか? 物価が安いし漢字というのは安心感がある。また、治安もなんとなく落ち着いている気がする。現地の人によると、「当局が怖いから」とのことだった。

 それから、少し前に部の奴の法事で滋賀で集いがあった。色々なことが思い出された。他の部員も元気そうで良かった。奴のおかげで毎年集まれているような感じはする。その後京都で集まり、みんなで龍門で飲んだ。

 あと三島に行ったがすごく良いとこだったのでおすすめしておく。街中なのにありえない水量がある。

 

 7月から新しい部署になって仕事がだいぶ楽になった。深夜まで残ることも激減した。一方で、謎の会議の対応で深夜まで残ったりしていた、前の部署の狂乱の時代が懐かしかったりもする。ある意味楽しかった。残業していて0時を過ぎると先輩とビールを買ってきて会社で飲んでいた。最終日は役員主催の社内ワイン会のロジ係でフィナーレを迎えた。先輩と一緒に残飯を処理し、部屋にファブリーズとリセッシュを吹きまくり(部屋に酒の臭いを残すなと秘書に言われていた)、片付けを終えたのは1時前だった。先輩と一緒に帰りながら、最終日にふさわしい仕事ですね、とか話していたことを覚えている。

 苦労した沢ほど覚えている。沢を登っている最中はもう沢はええわ、、、としか思えないけど、下りてきて数日たつとまた次の沢のことを考えている。「あけぼの」できつかった沢の思い出話をするのがなにより楽しい。残念ながらそういう傾向がある。

 

f:id:dashimaster:20181104120325j:plain

f:id:dashimaster:20181010143131j:plain

f:id:dashimaster:20180901152257j:plain

 以下にはどうでもよいことをいくつか書き散らしておく。

その1:新卒採用の際に、社会人はコミュニケーション能力重視などと言われたりすることが多いように思う。私自身、以前はなんだそれ、意味あんのかタコ、くらいに思っていたが、実際に一年半社会人とやらをやってみると予想以上に重要である。というのも、技術屋や会計法律等の専門知識を活かすような職でない場合、会社の中心となり活躍する人物に求められる能力として、社内・社外の調整能力とロジ能力(官庁用語のロジです)がかなりの重要性を占めることが多い(気がする)ためである。ロジというのは、必要事項を整理して順序だて、そして何より他人に自分のプランを伝えて協力してもらうということが必要不可欠である。弊社では「ロジができないものは中身の仕事もできない(ただしロジができるからといって中身ができるとは限らない)」などと言われるが、ある程度真理であると思う。

その2:何も今更私が言うまでもないが、日本におけるビジネスの傾向として、海外に投資をしてそれを管理するモデルのものが多くなるのは避けられず、当然国際的な仕事が増えてくる。そういうわけで私も嫌々ながらそんな感じの仕事に携わっている。本音を言えば愛国左翼の私としてはあんまり海外のビジネスはしたくないのだが、こういうご時世では、これといった専門能力がないものが国内で完結する仕事をしようと思えば、それなりの能力や工夫が必要となるように思う。

その3:ある程度の時間を過ぎると労働生産性が落ちる・・・という言説をたまに見かける。もっともである。深夜残業してると頭がおかしくなる。が、しかし、会社にとってみれば、多少単位時間あたりの生産性が下がっても、追加的な人員を雇うよりは支払う残業代を増やすほうが、給料対生産量の観点では有利なことが多々あるように思う。では、従業員にとってみれば……?

津軽衆と南部衆

 大学の後輩たちが夏休みのため関東の沢を登るとのことで、お情けで誘ってもらったので、久々に登ってきた。

 山梨某所で登ることになり、前日は山梨の寂れた温泉街にある謎の健康ランドで泊ったのだが、なんでもここは前回の温泉甲子園で優勝したらしい。種類がやたら多い温泉に入り(全部ぬるかった。あと一番でかい風呂は飛び込み対決が行われており入れなかった)、宴会場で雑魚寝した。沢に行く前日は毎度のことだが、なんでわざわざ沢なんか行かなきゃいけないんだと思い、中止になれと願うのである。この感覚も久しぶりに味わう。翌朝、後輩たちと合流する。

 肝心の沢だが、簡単で気楽ではあったが、荒れた河原がやたら多く、滝が少なく、しかも無駄に長くてしんどかった。きれいなところもあるにはあったが。下山も長くてしんどかった。全体としてはしょぼかったという印象が残る(スマソ!)。

 焼肉を食べて解散した。なんだかんだ言ってもやっぱり沢はよい。

f:id:dashimaster:20180813011933p:plain



 この間様々なことがあった。

 春からしばらくはなぜか人事を併任して採用担当をしていた。おそらく上層部に破滅主義者がおり、この会社を滅茶苦茶にしたいと考えたために私が任命されたと考えるのが自然である。もちろん新卒採用は惨敗に終わったわけだが、こんな会社に入れていいのかという罪悪感もあったので、あまり良い人がいっぱい入らなくて良かったと言えなくもない。

 そんなわけで採用担当兼政治対応兼国際担当兼その他もろもろという謎の所掌となっていた。一時期、寝不足が続き、常に頭の中を弱い力で握られているような、脳みそがかゆいような、不思議な状態が続いていた(今は元気になりました)。謎の会議のためにパリに行ったりした。

f:id:dashimaster:20180603191146j:plain

f:id:dashimaster:20180607164844j:plain

 

 そんな感じで概ねまじめに生きている。7月からは新しい部署となり、心機一転、退職への思いを強くした。

f:id:dashimaster:20180716123004j:plain

f:id:dashimaster:20180716133352j:plain

f:id:dashimaster:20180716151326j:plain

f:id:dashimaster:20180716155050j:plain

陸奥の名のさまざま

  京都時代の下宿をネットで探していた。なんで今更……というところだが、確かめたいことがあった。不動産サイトを見てみると、その下宿の部屋はみんな埋まっているようだったが、外観写真は載っていた。見てみると……ある部屋のベランダに、物干し竿の代わりに汚いひもがぶら下がっている。

 もちろんこれは私の部屋で、引っ越し当時、物干し竿を持っていなかった私は汚い紐を代わりにぶら下げた。紐は案外長持ちし、結局下宿を出るまで変わらず使われていたのだった。あの下宿の写真に、あの紐は写っているのか? というのが気になって検索したのだった。我ながら懐古趣味が過ぎると思った。

 

 過去のブログを読んでみると春の記事は感傷的で気持ち悪い一方で、それなりに色々と思うことが書いてあるように思う。が、今年についてはそういう心持ちがあんまりない。一回生と二回生では大違いで、色々と考えたりわめいたりするのだが、社会人一年目と二年目ではさほど変わりは無いように思う。そんな春が今後無数に続くのではないという予感がある。感傷的な自分にはつらいことだろう。

 自分の感傷性は大学時代にひどく悪化してしまったように思う。

 沢を登っていてよく思う。つらく苦しく怖く、全然楽しくないと。下山後にほっとしてだらだらするのが楽しいんだと思う。でもそれだけでなく、沢が終わって、一週間、一か月、あるいは数年たって、沢のことを思い出すのが楽しい。思い出すのが楽しいから沢に登るような気がしている。

 

 ビールを飲んで支離滅裂な文章を書いているのでもう終わる。