読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

芝刈り

 なんとも言えない日々が続く。

 研修も終わり配属され、ようやく仕事らしきものが始まっている。私の所属は性器部陰嚢課というところで、日本軍で言えば参謀本部か軍令部あたりだろうと思われる。

 研修では当初、なるべく協調外交的な態度で挑んでいたが、当然途中でめんどくさくなり、結局は孤立気味になっていた。やむを得ないことである。とりあえず1か月終わってみて点数的には13,400点といったところだろうか。ここでどうでもよくなって初手からいきなり降りたり、なんとなくオタ風を鳴いたりすると、大体負けが確定するので注意が必要な状況である。

 

 ところで先日、大阪と神戸に泊りで研修の出張があり、それ自体は特になにも無かったが、金曜日の夕方から京都に寄った。味〇へ行ったあと、あけぼのへ移動して部の者どもと飲んだ。その後は部室で早朝まで飲むなり打つなりして寝たが、結構な人数が気絶していたせいでなんだか壮観であった。

 翌日、7時ころに起きて岡崎のほうに散歩に行った。ここらへんは人があんまいなくていつも楽しい。金戒光明寺のあたりをぶらぶらしていたらおじさんにここの山門はすばらしいんじゃよと話しかけられた。真如堂は花盛りでとんでもなくきれいだった。吉田山は新緑で気持ちよかった。町をぶらつきながら、自分はもうk大生ではなく単なる外来者として蹌踉と歩いているのだなと思った。丸太町で紅茶を飲んで東京の下宿に帰った。終わり。

f:id:dashimaster:20170422042840j:plain

f:id:dashimaster:20170422090949j:plain

 

 そういえば真如堂でおみくじを引いておいた。

〇悦事なし

〇待人来らず

〇病人長引あやふかるべし

〇争事まけなり

〇生死は十に六七は死すべし

 

 つまり、漫然と生きていても仕方がないという運命が暗示されている。