読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

物理学と感覚

 様々なことがあった。

 まず研究室のお別れparty(?)があり、それ自体は特に何事も無かった。ただ先輩であるridge氏が、君がいなくなると厳しくなるなとおっしゃっていたのが印象的だ。別に私が特に優れているということではなく、私の世代が消えると我々の分野の学生がridge氏のみとなり、大変状況が厳しくなるという事情がある。あの研究室もどうなってしまうのだろうか?

 

 部の追いコンがあり、その裏でOBが集まってあけぼので飲んだ。今年の夏に閉まってしまうのでなるべくたくさん行っておきたい。こういう店は東京でも発見したいものだ。二次会からは現役と三条で合流する。私が四回生の時に入ってきた奴らがもう卒業の年ということにビックリである。子供の成長を見守る親もこんな気持ちなんだろうか? 多分違うだろうな……。今年も一名留年ということで、連続留年記録が伸びることとなった。

 酒でふにゃふにゃになりつつ部室に戻り、一休みしてから大文字山に登りにいった。大文字山のナイトハイクはなかなか思い出深いものである。初めては2010年の4月、一回生の時で、部の同回生の奴らと一緒に登った。きれいな夜景を観ながら、四回生の頃にまた来よう、その頃にはどうなっているんだろうな、というような話をしていた。時は流れ2014年の3月。追いコンの三次会で再び大文字山に訪れた我々だったが、誰も学校を出ておらず全然状況は変わっていなかったのである。医学部の奴と院にストレートで行った奴が残っていたのはともかく、その他の3人が全員留年するとは予想できなかった。さらに時は流れ2017年の2月。未だに学生をやって大文字山を登っている。ただ周りに同回生はおらず、みんな下回生である。酒を飲みながら部室に戻り、朝まで打った。

f:id:dashimaster:20170217215023j:plain

f:id:dashimaster:20170218033446j:plain

f:id:dashimaster:20170218053849j:plain

 

 家族が京都に来て大学の近くの某吉○山荘で食事をした。泊まると一日数万円らしく、アパートが一カ月借りられる。その後、近くの真如堂金戒光明寺のあたりを散策した。吉田山からここらへんの一帯は静かでとても良いところだ。ここからだと大文字山がやたら大きく見える。どうでもいいんだけど、多分私は寺社というより寺社のある風景が好きである。

f:id:dashimaster:20170216164915j:plain

f:id:dashimaster:20170216165254j:plain

f:id:dashimaster:20170216172551j:plain