読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

山鳥

 ここ最近は様々なことがあった。調査に行ったり就活に行ったり色々あったが、色々ありすぎて記憶が混濁したせいでかえって覚えていない。まぁ、概ねろくなことが無かったと言える。思うに任せぬ日々が続く。

 

 この前、吉田山がきれいな気がしたので新緑を見に行った。予想通り極めて爽やかだった。個人的に新緑で一番きれいだと思うのはもみじで、紅葉が有名な場所はこの時期に行くと良いと思う。それから、山が一番明るいのは新緑の季節だとも思う。新緑の時期が終わったら山も町もどんどんむさ苦しくなる。嫌な季節である。

f:id:dashimaster:20160420124455j:plain

 

 電車で移動中の時などには研究に関するものは読まないというマイルールがあるのだが、就活のせいで電車に乗っている時間が急増したので色々な本を読んでいる。最近では井上ひさしの『下駄の上の卵』が印象的だった。終戦直後の日本、あこがれの軟式ボールを手に入れるため、貧乏極まる六年生の少年たちが山形の田舎から東京まで行くというお話で、たかがボール一個のために大変な冒険をして苦しみを重ねる姿が喜劇だし悲劇でもある。最も好きなシーンは、朝彦(朝鮮人とのハーフと言われるが正体が謎で、本当は六年生より一歳か二歳年上と噂される)が生意気な少女を「輪姦してもらいたいのか」と脅したり、ボコボコに殴るシーンである。全体的に楽しいようで苦しい作品で、ラストでそれが最高潮に達する。ちなみにこの小説は14年前にドラマ化されており、当時見てすごく印象に残ってて、ようやく原作に触れることができて嬉しかった。

 

  せっかくなので(なにが?)、アニメの感想でも書いておく。

くまみこ:まちちゃん以外の登場人物が気持ち悪い。熊は雰囲気が気持ち悪い。のそっとした見た目や鈍重な喋り方が気持ち悪い。しかもいきなりキレて人を殺したりしそうなところが怖くて気持ち悪い。男連中も気持ち悪い。まちちゃんを性的に消費したいという精神が透けて見える。主人公が村から逃げ出したくて逃げ出せないという設定が辛い。見てて苦しくなる。

迷家:村に至る道路が結構しっかりしてて、本当の田舎はこんなアプローチ良くねえだろ! こんなぬるい道じゃねえだろ! とか考えてしまう。内容については今のところ別に……。

アイカツスターズ:あらすじ・・・アイドルを目指す少年少女が集まる四ツ星学園。トップを目指して日々研鑽する彼らの裏でPPOR(phychological power operated robot)の実験を進める教師達。極秘裏に学園に貯蔵された「スターズ」と呼ばれる謎の物質。ある日、トップアイドルS4が突然舞台上で発狂する。この学園で一体何が起きようとしているのか? そしてこの学園が設立された真の目的とは?

うさかめ:がんばれ!

三者三葉:意味わかんね~~~~!!!

鬼斬:おっしゃ!