読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

猫の墓

 1個上のN様が大学をやめて故郷に帰られるとのことで、今日は引っ越しの手伝いをしていた。N様の家は吉田山の稜線の近くにあるので、吉田神社の鳥居をくぐって階段を登り、境内を突っ切って行く。標高が高いだけに景色は良く、曇りだったが西方の山々や平安神宮の鳥居やどっかの五重塔も見えた。こんなところに住んでたらきっと楽しいだろうなと思うが、酔っぱらって帰宅するときは苦しそうではある。

 僕や後輩が手伝いに行った時にはまだ全然片付いておらずN様は絶望した顔をしており僕も少し絶望しかけたが、結局なんとかなった。お礼にダンベルとプロテインをもらった。お別れ会ということでみんなで飲みに行く。N様とは6年間の付き合いで、大学に入ってから一緒に時間を過ごした人ランキングで多分2位になるだろう。1個上の先輩はN様しかいなかったのでお互いどう思おうが深く付き合わざるを得なかった。無論僕にとっては良かった。異常な後輩ばかりでN様には迷惑しかかけていないように思う。どうもすみませんでした。次は西表島の海岸とかで会いたい。

 

 京都に越すときに親からやたらスースーするリンスをいくつかもらい、押入れにしまったまま全然使っていなかったのだが、去年のいつからかそこそこ使っている。このままだと下宿を出るまでに絶対使えきれないと思ったのだ。また、同じく京都に越すときにもらった固形石鹸なんかも最近は積極的に使っている。歯磨き粉とかも無駄に歯磨きの回数を増やしたりして無駄に使ってる。歯ブラシや掃除機のパックなんかは使いきるのはもうほとんど不可能だと思われる。

 そう、入学した時にはほとんど想像もできなかったことだが、いよいよ卒業が現実的なものとして見えてきた。卒業したら大体みんな京都を出ていくし、自分も残るビジョンはあまり無い。全国から人が来て全国に散っていくこの感覚は、他の大学だと案外そんなに無いかもしれない。自分は無駄に感傷的なので余計それを感じるのだろう。終の棲家となりがたく、仮の住処であって訪れる場所であるからこそ京都は良い町と感じる面もあるかもしれない。生粋の京都人がどう考えているかはあまり知らない。

f:id:dashimaster:20110321105628j:plain