読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

四浪

 木曜金曜と家でボケェと過ごし、土曜日は珍しく兄の都合がついたので家族で食事をするということで名古屋に帰った。特に責められることも無く平和に終わって良かった。

 

 一泊して日曜日は高校時代の友人Hと会った。彼は四浪していたのだがついに大学に行くことになったのでそのお祝いである。結局国立大学の医学部は受からず、私立の医学部に行くことになったらしい。私立で妥協するならもっと早く浪人を終えることも可能だっただろうが、まあ結果論である。突然の集まりだったので三人だけで飲んだが、高校時代の思い出話で盛り上がって面白かった。

 

 Hに関しては、自転車を一緒に買いに行った時のことが思い出深い。冬のある日、Hが学校の近くに自転車を置いて使いたいというので授業後に買いに行くことにした。

 Hによると近くに安いスーパーがあるというのでそこに行くことにする。しかし寒い中歩きまわってそのスーパーを探すが全然見つからない。場所はよく知らないらしい。二時間ほどだったか歩きまわるがついに諦めてナゴヤドーム前のイオンまで歩くことにした。すでに日は陰りどんどん寒い。数十分か一時間か歩いてようやくイオンにつき自転車コーナーを見て回る。しかしなんとHがここは高すぎる、俺は7,000円しか持っていないんだ、何も買えない、などと言い出したので驚くと同時に大変残念だった。

 すっかり日が沈み寒い中をとぼとぼと帰る。すると帰り道で偶然最初探していたスーパーを見つけた。喜んで入るが、結局ここでも金が足りなくて買えなかったのである。暗さも寒さも心まで染みてとても哀れな気持ちだった。

 後日、学校のそばでうさんくさい自転車屋を見つけたのでそこで買うことになった。3,000円で買えたが、店の主人が、この自転車防犯登録できんから気をつけてな、などとわけのわからんことを言っていた。ともかく自転車を買えたわけだが、一ヶ月後くらいにあの自転車はどうなったんだと聞くと、駅前に置いといたら盗まれたのでもう無いという返事が返ってきてなんともがっかりした。

 

<中略>

 

 なんだかとりとめのない日記になってしまった。出来事のみを書く場合に比べ、色々考えたことを書いておくと、あとで読んだ時に楽しい一方で黒歴史化する恐れも高まるのでどちらがよいかはなんとも言えないものがある。