ハイマツ帯

たまに更新できればいいな

春六題

この間様々なことがあり、次第に生活が厳しくなってきている。 実生活が殺伐とするにつれてブログを書く気力も無くなってすっかり日数が経ってしまい、そろそろ皆様にも忘れ去られてしまった頃であろうと思われる。 仕事は一言で言うと無茶苦茶愉快で虚しい…

春寒

今住んでる下宿は形態的にはマンションに分類される。そのせいかどうかは知らないが防音性が高く、周りの生活音が聞こえることがまったくないし、窓を閉めれば車の音も聞こえない。まぁ、私の周りの住人がみんなごく静かに生活してるだけの可能性はある。 京…

球根

様々なことがあったのだがblogを書く余裕が無くて書いてなかった次第である。 この間オフ会に何度か呼んでいただきありがとうございました。某フォロワー(p氏)によるとtwitterはpairs以上の出会い系ツールであり、生ハメSNSとして本来の力を発揮するとのこ…

芝刈り

なんとも言えない日々が続く。 研修も終わり配属され、ようやく仕事らしきものが始まっている。私の所属は性器部陰嚢課というところで、日本軍で言えば参謀本部か軍令部あたりだろうと思われる。 研修では当初、なるべく協調外交的な態度で挑んでいたが、当…

病室の花

7年間暮らした京都をついに去ることになった。 18日には部の奴らであけぼのに行った。もはや見飽きた顔達(向こうも同じように思っているだろう)だが、これからはそうそう見られぬことになる。あけぼのももう閉じてしまうので、学生の間に一回行けて良かっ…

病院の夜明けの物音

この頃は様々なことがあった気がするが記憶があいまいである。 東京への配属が決まったので、家を探しに行った。結局文京区とかいうところの某所に下宿を構えることとなった。ここらへんの土地の印象としては、あまり山とかが見えなくて景色がなんとも言えな…

物理学と感覚

様々なことがあった。 まず研究室のお別れparty(?)があり、それ自体は特に何事も無かった。ただ先輩であるridge氏が、君がいなくなると厳しくなるなとおっしゃっていたのが印象的だ。別に私が特に優れているということではなく、私の世代が消えると我々の…

科学者と芸術家

The Men 修論発表会があった。攻撃的な態度の質問には攻撃的な態度で返答しようくらいの気合いで挑んだところ、本当に攻撃的な態度の質問が来た。そんなわけで微妙な雰囲気で終了した。終わったあと、個人的にはまぁこんなもんやろ……くらいに思っていたが、…

先生への通信

様々なことがあったような気がするし、そうでもないような気もする。大体修士論文を書いていたような気もする。さすがにこの時期には研究について多くの時間考えている必要があり、それ以外に何かしたり考えたりしても印象が曖昧である。 数日前、ようやく論…

旅日記から

今年は京都で年を越し、元日は散歩したりして有意義に過ごした。近所は学生街でみんな帰省してるということもあり、とても静かであった。正月の閑散とした空気が好きで、個人的に正月は人で溢れた神社に行ったり旅行に行ったりするより、平和な雰囲気を味わ…

花物語

それなりに様々なことがあったと思う。 少し前のことだが、今年から山梨県某所で働いてる研究室の先輩が学校に来た。職場の説明会のためだったが、参加者は三名しかおらず、しかも僕含め三名ともサクラであった。その後飲みに行く。また会う機会はあるのだろ…

竜舌蘭

様々なことが合った。なんにも無くても日記は書きづらいが、色々ありすぎても書きづらいのである。ともあれ備忘録としてごく適当に記録しておく。 11月18日、研究室を抜けだし吉田山に行った。紅葉はまぁまぁきれいであった。吉田山の西面はモミジ(カエデ)…

どんぐり

二週間くらい前の平日に貴船神社に行ってきた。有名な貴船の川床には二度行ったことがあり、その時ついでに寄ったはずだがなぜかあまり印象が無く、今回改めて行ってみたところやはりあまり印象に残らなかった。スマソ! まぁ、なんか色々由緒があるらしい(…

クレイグ先生

この前の土曜日、部の友人の三回忌があったのでそいつの家に行った。N様をはじめもう京都を出た人たちも集まった。お参りしつつ色々なことを思い出した。「研究者で食ってくって言うのはミュージシャンで食ってくってのと同じようなもんやで」と言いつつ、本…

変化

ちょっと前のこと。うちの研究室の正面にある部屋の、部屋番号が書いてあるところに部のhatiemon先輩の名前があり、助教授と書いてあった。前期は別の研究所に行ってたが今期から助教になって帰ってきたらしい。めでたい。それを知った同期の茶碗先輩はお祝…

先週は内定者研修会のようなものがあり東京に行っていた。八月も似たようなことをやったのになぜ今更またやるのか意味がわからず、あんまり気軽に呼び出さないでほしいと思った。それはともかく、前日入りしてさかこ氏・はじめ氏・TA氏とオフった。TA氏は直…

後輩のcedarとringと屋久島の沢に行っていた。ここは屋久島というか九州で最難関の沢で、個人的にも今までで一番難しい場所であった。さすがに緊張してそれなりの準備をしていった。最近はもっぱら増量気味で沢での動きにキレが無くなっていたので、二週間弱…

様々なことがあった。 少し前のことだが、北アルプスの沢に行っていた。本当はここは一個上のN様と前から行きたいと話していたところだが、N様が大学から去ってしまったので後輩たちと行った。途中までは一回生の夏合宿と同じコースで、その頃のことを思い出…

先日研究室にいったら構内にやたら若者がおり、どうやらオープンキャンパスをしているようであった。僕の場合は京都観光のついでに一度構内に潜入したくらいであまり考えずに大学を決めてしまったので、そうやってまじめに大学のことを知ろうと思う人たちは…

行列

研究はうまくいっておらず、月曜日の勉強会でもさぞかし他のメンツを呆れさせてしまったことだろうと思う。変なことをしているので参考になる先行研究があんまり無いのが苦しい。 昨日は内定者懇親会とかいうのがあって東京に行った。偉い人の挨拶を聞いたあ…

儲口

先週の土曜日に東京からthumoto氏がいらしたのでオフパコした。四条烏丸はあまり詳しくないので適当な旅館の食事を予約したら思ったより普通に旅館だった。相手が女性なら通報されているところだった。危なかった。色々東京情報を教えていただきありがとうご…

紀元節

夏にも色々あるが、京都の夏ほどやる気をそがれる夏は無いと思う。名古屋の夏も暑々でいやだったけど、京都に比べればまだましである。京都は盆地ということもあり極めて爽やかならざる気候が展開される。以前市長のK川大作が大学に来て「夏に観光客を増やし…

懸物

火曜水曜と名古屋に帰っていた。某所に正式に就職を決めたのでその報告をしたりした。普通に祝っていただいたが、「東京に行ったら死ぬまでにあと何度会えるか数えた」とか言われて微妙に重い感じになった。父方も母方も代々ずっと愛知におり、兄も中部圏に…

ザイルワークについての検討を行うということで今週は久しぶりに部の例会に出てきた。例会自体は特に何も無かった。ところで今期ついに爽やかメンに女子が入ったらしい。部長のcedarの言葉の節々からやめさせたいという意向がにじみ出ていたのが印象的であっ…

火事

最近は様々なことがあった。忙しさにかまけてblogの更新もする気力が起きず、それどころか日常生活でも言葉を発するのがめんどくさくなる有様であった。ここ一カ月ほどはおおむね週に3日くらいは東京にいるという生活で、すっかり新幹線に飽きたばかりか新幹…

モナリサ

GWに突入して時間がたっぷりできたので、或いはできたように錯覚したので、30日に後輩たちと久しぶりに沢に行ってきた。奈良県某所のそれなりに難しいとされているところだった。最近は沢に行く前にはどんどん恐怖感が募ってきて生きてぇ~ということばかり…

山鳥

ここ最近は様々なことがあった。調査に行ったり就活に行ったり色々あったが、色々ありすぎて記憶が混濁したせいでかえって覚えていない。まぁ、概ねろくなことが無かったと言える。思うに任せぬ日々が続く。 この前、吉田山がきれいな気がしたので新緑を見に…

人間

最近は色々あってかつてなく忙しかった。忙しいと言っても四六時中作業しているわけではまったく無いが、日中に拘束されるせいで健康的な生活を送らざるを得ないのが苦しい。不健康であることを大切にしていきたい。就活のために何度も大阪に行くのだが、駅…

印象

先週は様々なことがあった。アラビア語で一緒だった友人(僕は一回生のときアラビア語を履修していた。落とした)が京都を去るので一緒に飲んだ。また咲クラのpariblue氏が京都にいらしたので一緒に飲んだ。僕はもはやまったく咲クラとは言えない体たらくな…

暖かい夢

水曜日、さかこ氏が京都にいらしたので某所でアレをソレした。アニメの悪口を言ったりオタクの悪口を言ったりして有意義な時間を過ごすことができた。あとしょかさんの身体の話をした記憶がある。さかこさんも結構な回数京都にいらしており、僕よりいろんな…

猫の墓

1個上のN様が大学をやめて故郷に帰られるとのことで、今日は引っ越しの手伝いをしていた。N様の家は吉田山の稜線の近くにあるので、吉田神社の鳥居をくぐって階段を登り、境内を突っ切って行く。標高が高いだけに景色は良く、曇りだったが西方の山々や平安神…

過去の匂い

さっき家に帰ってきて寝た時のことである。夢のなかで僕は同期のMTと変な喫茶店に来ていた。どっかの雑居ビルの中の店のようで、内装はかなりぼろく、汚かった。ところがコーヒーが1,500円もするということを知って驚いた。横のMTを見るとケーキなど食べてお…

下宿

同期のMTがもうすぐ中国地方某県の実家に帰るとのことで、日曜日に引っ越しの手伝いをした。奴は三留が確定しているが、なんでも来年度からは実家から大学に通うらしい。留年を親に伝えるにあたっては通称『N式メソッド』を使ったとのことだった。すなわち、…

火鉢

この前の土曜日に某t大の院生が研究室にやってきた。某r学会の若手会とかいう謎の会の事務局をなぜか僕がやることになったのでその引き継ぎのためである。うちの大学はこの学会であまり評判が良くないと思う。この前の学会発表で一番おもしろかったのはridge…

enigma

あっちで調査したりこっちで発表したり暗い闇の底で初めて小さな光を知ったり色々あった。 最近は心ならずも就活を少しだけしている。本当は博士後期課程まで行ければ良かったが、頭が足りないので仕方がない。一部だけ見ると大したこと無いドクターもそれな…

特筆するようなことはなにも無いのだが年末年始は実家に帰っていた。大晦日の日、今年は思い切って(と言うかなんとなく)吉野家で年を越そうと思って年明け直前に行ったところ、なぜか閉まっていて入れなかった。使えないタイプだな。仕方ないのでそこらへ…

泥棒

◆ヴァルキリードライヴマーメイド 良かった。最後の敵が憎くて殺したいと思わせるようなキャラだったところが良かった。なんで憎いかというとやはり中盤にどうでもいいようなお気楽な話をいっぱいやって、平和っぽい世界をちゃんと描いていたからだと思う。…

最近は色々なことがあったが、まず忘年会が三回あった。誘われるたびに何も考えずにふらふら付いていくので回数が膨れ上がっている。なんだかんだ楽しく、その節はどうもありがとうございました。最近は実世界でもだんだん僕の内面の異常性がばれてきた気が…

元日

先週の水曜日、ふと吉田山が紅葉していることに気付いたので、研究室を抜け出して行ってきた。 それなりに紅葉していてそれなりにきれいであった。ここの神様は全然力が無いというわけではないと思うが、入試合格を祈ると落第し、単位がほしいと祈っても落第…

遊びと死について

京都も寒くなってきた。もう11月末である。この間さまざまなことがあってかつてなく忙しかったが、ようやく生活も落ち着いてきた。 13日から15日まで学会で和歌山まで行っていた。正確には13日は若手交流会というよくわからない集まりで、14日からが本番。14…

屋久島のこと

学祭期間を利用して屋久島に行ってきた。なかなかきついものだったが、無事貫徹に成功した。 10月のある日、後輩cedarが学祭期間に九州の沢に誘ってくださいと言いだした。この誘ってほしい理由も滅茶苦茶なものだったがここでは省略する。そこで、どうせ九…

初めに空腹ありき

水曜日に調査で奈良に行ってきた。色々あったが研究の先行きに不安の影を落とす結果となった。今後の身の振り方を真剣に考える必要があると思われる。せっかく奈良まで来たので東大寺と春日大社に行ってきた。人大杉。鹿大杉。クサすぎ! 大仏は普通にでかか…

α

今日は後輩cedarと琵琶湖の西のαルンゼに行ってきた。ここは以前に僕がcedarに行こうぜと誘ったところであり、その後すっかり存在を忘れていたのだが、今こそ行きましょうと言われたのでやむを得ず行くことになった。今回、木曜日にジムでボルダリングしたば…

銅の時代

少し前の話で、同期のMTが幻想麻雀(東方麻雀)界隈のオフ会を開催したのだが打つのにメンツが足りないということで僕が呼び出された。幻麻界隈じゃないのに彼らと打つのはこれでもう4回目である。最近、どうやら幻麻界隈も一枚岩では無いということがだんだん…

役立たずの日記のこと

最近は様々な事件があった。まず、兄が結婚するという事件があった。そんなわけでこの前の土曜日は名古屋に帰って結婚式に出た。相手は大変まともな人で、兄になにか弱みでも握られてるのかもしれない。ついに姉ができたわけだが、属性的に特に姉が好きとい…

瘋癲寮の終末

ついに後期が始まった。今期から某研究室のゼミにも参加するのだが、こちらはプロジェクトをバンバンとってきてかなり裕福な研究室である。一方でうちはかなり貧乏な研究室であり、すごく格差を感じる。以前、年間10数万の雑誌がほしいなぁみたいな話を准教…

ロケットのある風景

川にもいろいろあるが、鴨川ほど人々に親しまれている川もそう無いと思う。比良のヘク谷なんかも我が部においては親しまれているが、あれは一般には存在すらほとんど認知されていない。言うまでも無く鴨川とは京都を南北に走る広い川だ。京都は実は結構せせ…

学問と愛について

日曜日に谷川岳に行ってきた。本当は後輩と泊まりで谷川の沢を登るつもりだったけど、天候や日程の都合などにより結局1人で登山道を登ることにした。 土曜日にアプローチする。高崎で食事しつつ夜に土合に着くが、噂通りやたら階段が長かった。どういう精神…

始めと終わりの悲惨であった

インターンから京都に戻ってきて完全に気が抜けている。一日の中でぼぉぉっとしている時間がかなりの割合を占めることになってしまった。 先週の金曜日、諸事情があって部の4人で奈良県某所に行ってきた。深夜に。暗闇のなかで沢を登ったり藪を漕いだり沢を…

なんにも遺伝してさしつかえはないが、

イ○○―○○ップで東京に来て約2週間が経過し、ついに今日終わった。初日の朝にインターン生が一室に集められ、なぜか9名中7名が女子でしかも同じ院の奴がいて雰囲気は最悪だったが、幸いすぐに各課に配属されインターン生同士の交流がまったく無かったので特に…